お知らせ

夏場になると 他のシーズンよりも更に出番の多い白玉。

白玉作りの仕込みは 結構 時間がかかりますが

出来立てのツヤツヤの彼等を見ると

やはり 作り甲斐があるというもの✨

スタッフのなかでも 特に 白玉作りが得意なNさん。

気合いも充分に 手際よく そして心を込めて作ってくれます!

一度に約 200〜300個作り続けます。

一つひとつ手作りのため 不揃いではありますが

基幸庵の白玉は

上質な寒晒し粉を使用していて

もちもちした食感と

粉そのものの持つ美味しさが自慢です。

是非 お試し下さい!

<お行儀良く並んで 出番を待つ 白玉君たち(#^.^#)>



by 基幸庵| 2016. 06.11 | Posted in 喫茶のこと

木・金曜日はランチの日です。

皆さまのお越しを

お待ちしております。

by 基幸庵| 2016. 06.09 | Posted in お知らせ, 喫茶のこと

ここ数日の暑さに
氷をリクエストされるお客様が増えたのにもかかわらず…
いまだ準備不足でお応え出来ずに ご迷惑をおかけしております。

image

  夏は冷水仕立てのお抹茶と和生菓子も ご好評を頂いておりますが 今夏より‘冷やし抹茶ぜんざい’ をご準備致しております。

お抹茶のほどよい苦みと 自家製の大納言アズキ煮のほのかな甘味
もちもちとした手作り白玉の 組み合わせをどうぞお楽しみ下さい!
お好みで和三盆糖を足してお召し上がり下さいませ。 

冷やしぜんざいを入れた唐津焼は 村山健太郎さんのもの。付け合わせのシソ昆布を盛り付けた絵唐津の豆皿は やはり唐津焼・浪瀬窯 竹花さん。暖かいほうじ茶は小鹿田の湯呑みに。
そして 涼しげな花ござは倉敷の三宅松三郎商店さんのものです。

手仕事の器と 手作りの甘味で みなさまのお越しを心よりお待ち致しております。
基幸庵でゆっくりなさいませんか。

by 基幸庵| 2013. 05.26 | Posted in お知らせ, 喫茶のこと

image

今年は桜の花も 藤の花も 少しずつ
季節が早く巡っているようで…

和生菓子も いつもより
ちょっぴり早目に 時期のものが登場しています。

今朝届いた厳木・草生庵さんの
ういろう製の青梅(あおうめ)は
そこの梅の木からもぎってきたばかりのような姿で しかもほんのり熟して ほのかに黄色みをおびています。
しろあんに品よく梅の酸味をきかせた
初夏の和菓子です。

器は 村山健太郎さんの 黒唐津。

庭で満開の ヤマボウシをひと枝添えて…

by 基幸庵| 2013. 05.20 | Posted in お知らせ, 喫茶のこと
最新記事 カテゴリー アーカイブ
ページトップ