お知らせ

東北の手仕事を続けてご紹介していますが、

今回は曲げわっぱについて。


東北 曲げ


数年間の乾燥を経て切り出しされた杉材は、お湯で温めて柔らかくしてから、曲げわっぱ特有のカーブをつけます。

その後、のりで接着し、山桜の樹皮で綴じられ、やすりをかけて、表面を仕上げます。

天然秋田杉の気持ちの良い香りと、まっすぐな木目と弾力。

軽さと木目が生かされた製品は、シンプルながらも味わいがあります。

今回は寄木細工も入荷しています。


東北 寄木


繊細な手仕事を是非その目でご覧ください。

東北の手仕事展は今月20日まで続きます。

by 基幸庵| 2011. 11.14 | Posted in お知らせ
最新記事 カテゴリー アーカイブ
ページトップ