お知らせ

〜越中八尾より〜 桂樹舎の型染め和紙小物 展示中

唐津はもう2週間くらい 雨が降っていないので 朝夕の庭の水撒きが 欠かせない毎日です。

さて 基幸庵では 水の豊かな富山県から  桂樹舎の型染め和紙を展示しています。 


もともと八尾の和紙は 文字を書くための和紙ではなく 加工する紙として製造され 富山の薬売りに代表されるように売薬の包装紙や紙袋として 丈夫な和紙を作る技術が進んでいたそうです。

中でも揉み紙 と呼ばれる強制紙は 厚手に漉かれ 手揉みの工程が加えられていて とても丈夫。

これは 我が家で20年以上使っている クッションです。


座り過ぎて 座布団化していますが>_<   

布よりも強いというのは過言ではなく 長く使い続けると 皮のような風合いさえ出てくる事も 実感しています。


おなじみの 文庫箱やペンケース 小物入れなど 色々 取り揃えております。

8月いっぱいの展示です。

ぜひお出かけくださいませ。

by 基幸庵| 2016. 08.05 | Posted in お知らせ
最新記事 カテゴリー アーカイブ
ページトップ